前のページに戻る

2018年のトレンド

2017年12月23日

カテゴリー:
(株)リクルート住まいカンパニーは、このほど、2018年住まいのトレンド予測を発表しました。

2018年住まいのトレンドキーワードは「育住近接」。

 

共働き世帯は増加の一途をたどり、「職住近接」といわれる都心志向、駅近志向が高まっている一方、利便性の高い人気エリアでは、保育園不足や周囲の住民との繋がり不足から生じる育児中の親の精神的・時間的負担が課題。そのようななか、保育園や学童保育施設などをマンションや団地内に設置する「育住近接」というトレンドが生まれている。

 

背景として、スーモが行ったアンケートにおいて、保育園不足に伴い、保育園・学童が併設されているマンションなら駅から離れても妥協できると答えた人が約35%いたこと、また、今年10月には国土交通省が保育園不足が見込まれるエリアへの大規模マンション建設の際は、開発事業者に保育施設設置を要請するよう、地方公共団体宛に通知したことがあるみたいです!

 

これらのことから、今後の住まい選びは、「職住近接」から「育住近接」に変化していくだろうと予測している。

 

とのことでした!実際はどうなんでしょうか(^u^)?

 

弊社では「職住近接」から「育住近接」の物件まで御紹介させて頂いております。

 

お客様の声に耳を傾け、買いたいと思って頂けるマイホームを一緒に探させて頂きますので、何なりとご相談下さいませ。

 

板橋区・練馬区・和光市でマイホームをお探しの方は東武東上線の東武練馬駅にあるリアルホームズまでお問い合わせ下さい。

TEL:03-3937-8008

http://www.real-homes.co.jp

 

 

お電話でのお問い合わせはこちら
TEL 03-3937-8008
営業時間:9:00~19:00 定休日:水曜日

店舗写真

  • リアルホームズ株式会社

  • 東京都練馬区北町2丁目41番6号
  • 会社概要へ

前のページに戻る

ページのトップへ