前のページに戻る

相次ぐ大災害・・・火災保険(水災補償)・地震保険の検討

2018年09月16日

カテゴリー:

西日本豪雨、台風21号、北海道地震……。大規模な災害が相次いでいます。

 

災害時、保険はどこまで補償してくれるのか、皆様はどこまで把握しておりますか。

 
7月に西日本で発生した大規模豪雨では、全壊や半壊、床上・床下浸水など住宅被害が4万棟を超えたそうです。

 

火災保険等は住居購入時に加入する場合がほとんどです。

弊社もAIG損害保険㈱および日新火災海上保険㈱の代理店になっておりますので、お客様に加入を薦めております。

 

お客様が悩むのが、「水災補償も含むか」、「水災補償を含まないか」です。

問題は水災補償が入ると、保険料はどのぐらい増えるのか。

 

東京都の新築戸建て住宅(非耐火構造)で、保険金額1800万円の場合、10年間保険料は約18万2800円。

水災補償を除いた場合は10年間保険料が約11万2100円となり、差額が約7万700円になります。

 

費用負担は大きいですが「なぜ火災保険に水災の補償をつけていなかったのか」とならないように十分にお考えください。

ちなみにご加入済みのお客様も水災補償を加えた契約内容に変更することも可能です。

 

 一方、地震保険はどうか。

9月6日の北海道地震のように、昨今は大きな地震がいつどこで起きてもおかしくありません。

 

震保険の加入は最長5年。いわゆる「長期割引」があり、5年契約だと5年間の負担総額は11%安くります。

ただし、2019年1月から地震保険の改定で「割引率」は低くなり、保険料が高くなります。

地震保険を検討されているお客様は今年中の加入をお薦めします。

 

災害大国と言われる日本、自治体の公的補助だけでは対応できず、火災保険に頼る場面は今後増えると見られます。

 

子供の誕生や独立、新居の購入……。ライフステージに応じて守るべきものの優先順位は変化します。

 

火災保険・地震保険の見直しや新規加入を検討しているお客様はご相談くださいませ。

 

もちろんマイホームをお探しのお客様もご相談くださいませ。

弊社では平日も土日祝日も問わずお客様の都合に合わせてご案内いたします。
当社へのご来場駅までの送迎現地付近での待ち合わせなんでもご相談ください!

 

板橋区・練馬区・和光市でマイホームをお探しの方は東武東上東武練馬駅にあるリアルホームズ株式会社までお問い合わせ下さい。

 

小さなお子様がいらっしゃるお客様も安心してご来店頂ける様におもちゃも沢山ご用意しております。

お気軽にお立ち寄りくださいませ♪

TEL:03-3937-8008

http://www.real-homes.co.jp

 

 

 

お電話でのお問い合わせはこちら
TEL 03-3937-8008
営業時間:9:00~19:00 定休日:水曜日

店舗写真

  • リアルホームズ株式会社

  • 東京都練馬区北町2丁目41番6号
  • 会社概要へ

前のページに戻る

ページのトップへ